アルマイト加工技術を用いた金属ネームプレート作成

2020年11月9日

アルマイトとは、アルミニウムを電解処理して表面を酸化させることにより、人工的な酸化被膜を生成する「陽極酸化処理」のことをいいます。アルミニウムは酸素や水分のほか化学物質と非常に反応しやすく、そのままでは表面が変色したり腐食したりするため、アルマイト加工をして表面を保護します。また、表面の保護だけでなく、このアルマイト加工を用いて、アルミニウムの表面に着色したり、銘板に模様や文字を刻んだりすることもできます。 アルマイト加工のしくみや利点、アルマイト加工の向き・不向きについてご紹介します。

アルマイトとは?

軽くて加工がしやすいアルミニウムは、さびにくいという特性も持つため、身近な日用品から建築材、医療機器まで、幅広い分野のさまざまな製品に用いられています。 前述のようにアルミニウムはさびにくいという特徴を持ちますが、本来、アルミニウムはとても酸化しやすい性質を持ちます。そのため、空気に触れると自然に表面に薄い酸化被膜が作られ、この被膜によって表面が保護されるので、アルミニウムはさびにくくなる(腐食しにくくなる)のです。 ただ、この膜は非常に薄いため、ちょっとした摩擦や水分などではがれてしまい、さびてしまいます。そこで、アルマイト加工を施すことで、人工的に厚い酸化被膜を作り、さびに強くします。

アルマイト加工の利点

アルマイト加工の利点についていくつかご紹介しましょう。

はがれにくい

メッキ加工は、素材表面にメッキ被膜を付着させるだけなのに対して、アルマイト加工は電気分解を用いるため、被膜が素材(アルミニウム)に浸透した状態で生成されます。そのため、メッキ加工にくらべてはがれにくいのが特徴です。また、耐食性も高いと言えます。

丈夫になる

アルミニウムは比較的柔らかいため、へこみや傷がつきやすい金属です。しかし、アルマイト加工を施すことで表面は硬く丈夫になり、摩擦にも強くなります。耐久性も高まるため、環境によっては10年や20年といった長期の使用にも耐えることが可能です。

美観性が向上する

アルミニウム表面に自然にできる酸化被膜は、非常に薄いうえに厚さが均一でないため、見た目にも美しくありません。しかし、アルマイト加工により均一の厚みの被膜を作ることで、製品の美観性が向上します。 また、アルマイト被膜には微細な孔があいており、そこに染料を吸着させることでさまざまな色に着色することも可能です。文字や模様になるよう着色することで、ネームプレートなども作成することができます。

絶縁性を持たせられる

アルミニウムは金属であるため電気を通しますが、アルマイト加工をすると電気を通さなくなります。したがって、絶縁性が求められる金属製品にも利用できます。

放熱性が高まる

アルマイト加工をすると、アルミニウムそのものより放熱性が高まるのも特徴のひとつです。そのため、ヒートシンクなどにもよく利用されています。

アルマイト加工の向き・不向き

前述のように、アルマイト加工は、アルミニウムを丈夫で美しく耐久性のあるものにしてくれる優れた加工技術です。ほとんどのアルミニウム製品に向いていますが、やはり用途によっては向いていないものもあります。アルマイト加工に向いていないものについて見てみましょう。

アルマイト加工に向いていないもの

アルミニウム以外の素材

アルマイト加工は、アルミニウムに対して施される加工です。したがって、アルミニウム以外の金属には利用できません。

アルマイト加工後に形成加工をする製品

アルマイト加工によって作られた被膜は、柔軟性がありません。したがって、アルマイト加工後に曲げるなどの形成加工が必要となる製品は、アルマイト被膜が剥がれたりひび割れたりする可能性があるため、適していません。

高温環境下で使用するもの

高温になると、アルミニウムが膨張し、アルマイト被膜が剥がれたりひび割れたりする場合があります。一般的なアルマイト被膜は100度程度までの使用に適しますが、300度以上の高温にも耐えられる耐熱アルマイトもあります。

用途に応じた耐熱特性を持つアルマイト被膜を選ぶことが必要です。

アルマイト加工を利用すれば軽くてカラフルなオリジナル金属ネームプレートも作成可能

アルマイト加工は、金属の素材感をいかしつつカラフルな着色も可能です。また、さびに強く耐久性も向上するため、屋外での利用にも適しています。さらに、軽いというアルミニウムの特性をいかせば、設置場所を選ばないオリジナル金属銘板が作成できます。オリジナリティあふれるネームプレートの作成を考えている場合は、ぜひ、アルマイト加工を試してみてください。

カテゴリー

instagram

採用情報

新しい漆のかたち【ウルシゴト -URUSHIGOTO-】

会社案内・お問合せ

登戸工場(営業部)
〒214-0012
神奈川県川崎市多摩区中野島1653
  • TEL: 044-922-4811
  • FAX: 044-922-4812
お問合せフォーム
ご相談・お問合せ