版下作成ツールについて

2021年4月19日

版下とは製品を製作する際に作成するもので、シールやシルク印刷製品、また、エッチングなどの金属製品などに印刷などを行う際に製版を行うためのもとになる原稿のことです。

弊社ではIllustratorを使用して版下を作成しております。Illustratorとは、Adobe(アドビ)社が提供しているグラフィックデザインツールです。 Illustratorは主に図形の作成、ロゴの作成、絵の作成や名刺、パッケージ、パンフレットなどの印刷物まで、幅広い分野で活躍するツールです。

Illustratorが具体的にどのような働きをすることができるのかご紹介していきます。

Illustratorとは

Illustratorとは、上記で述べた通り、アメリカにあるAdobe(アドビ)社が提供しているグラフィックデザインツールです。DTP(パソコンなどのコンピュータを利用して、印刷物の企画・デザイン・版下作業などを行うこと)はもちろんWebデザインなど、幅広い分野で使用され続けて来た信頼のあるソフトです。

線や図形、写真や文字を組み合わせることでさまざまなデザインやイラストを作ることができます。

Illustratorの特徴

Illustratorの一番の特徴は、数値や式によって色や形を表現する「ベクターデータ」を用いて画像を作成するツールであるという点です。Illustratorに向いている加工としてあげられるのが、文字組みやレイアウトの作成、拡大縮小しさまざまなサイズで使用するロゴやイラストの作成、というような単純な線・正確な図形を使ったイラストや部品を貼りこんでデザインするレイアウトの作業です。

しかし、写真の様なコンテンツを編集する場合にはIllustratorでは難しいためPhotoshopとIllustratorの2つで制作するのが一般的です。

Photoshopの特徴

上記で述べたPhotoshopについてご説明いたします。 Photoshopとは写真を加工・合成したり、美しいグラフィックを作ったりすることのできるツールです。Illustratorと同様、Adobe(アドビ)社が提供しているグラフィックデザインツールです。

特徴としては、ビットマップ(ラスター)画像というドットの集まりでできた画像を扱うソフトで、写真や素材の作成、全体の色味の調節・複雑なグラフィックやイラストの作成というような、写真のようなドットでできた画像の全体の色味やトーンの調節や描画の作業に向いています。

Illustratorの保存形式について

イラストレーターの保存は、複数のファイル形式で保存することが可能です。各ファイル形式(拡張子)についてご説明していきます。

.ai形式

Illustratorで編集するためのフォーマットで、Illustrator専用の拡張子です。Illustratorの持つ機能をすべて保存できる固有の形式です。 そのデータを制作したIllustratorと同じバージョンか、下位バージョンでファイルを開くことができます。

.eps形式

Illustrator以外のソフトでも展開できる汎用の形式で、ポストスクリプトという高画質で正確な印刷を行う技術に準拠した記述のデータ形式です。 完全に再現とまではなりませんが、EPS形式に対応しているソフトであればファイルを展開することができます。

.pdf形式

電子文書の標準形式で、Illustratorから直接「Acrobat PDF形式」を作成するためのフォーマットです。 データを実際に紙に印刷したときの状態を、そのまま保存することができるファイル形式です。

Illustratorのデータ変換について

Illustratorを使用する際はIllustrator専用のAIファイル形式のデータを使用してデータを作成しています。それなので、Illustratorのファイルを開くにはソフトを持っていなければなりません。デザイン関係の方にとっては一般的ですが、一般的にIllustratorソフトを使用している方は多くないでしょう。

ですので、AIファイル形式から別のデータ形式へ変換することで他の方にも閲覧や、編集ができるようにすることができます。また、反対に別のデータ形式をAIファイル形式にすることでIllustrator上で編集などを行うこともできます。データ変換可能な代表的なデータ形式を紹介します。

PDFデータ

PDFとは、「Portable Document Format」の略で、データを実際に紙に印刷したときの状態を、そのまま保存することができるファイル形式です。どんな環境のパソコンで開いても、同じように見ることができる、「電子的な紙」なのです。ですので、お客様にデータの見た目などを確認してもらう際などには多くの場合、PDFデータに変換してデータを送信します。PDFはPDFからAI形式にデータを変換することも、AIからPDFに変換することもできるデータ形式です。

DXFデータ

DXFとは、「Drawing Exchange Format」の略で、様々なアプリケーションで読み込むことができる交換可能な図面形式という特徴があります。CADと言われる図面を作成するソフトウェアで図面が作成されたときに、保存する形式のことです。DXFからAI、AIからDXF双方へのデータ変換ができるデータ形式です。

Illustratorは世界的に活躍しているツール

版下作成ツールの中でも最もメジャーなツールの一つがIllustratorです。Illustratorは様々なツールを駆使して、イラストや図、文字などを表現することができます。弊社で作成している版下にも欠かせないツールで、今となってはIllustratorが無ければ銘板作成もままならないでしょう。もちろん弊社だけでなく、世界中の多くのデザインはIllustratorを使用して作られています。

普段皆さんが目にしているものもIllustratorで作成されたデザインなのかもしれません。ぜひ、注目してみてください。

カテゴリー

instagram

採用情報

新しい漆のかたち【ウルシゴト -URUSHIGOTO-】

会社案内・お問合せ

登戸工場(営業部)
〒214-0012
神奈川県川崎市多摩区中野島1653
  • TEL: 044-922-4811
  • FAX: 044-922-4812
お問合せフォーム